onlinezero’s diary

アルト ワークス、家電PC、ネットサービス

新型アルトワークス スズキOBD診断のしょぼい限界 スロットルボディの不具合検知すら不可能

ワークス不具合関連へのアクセスが非常に多いので追加で
掲載。OBDに関する国交省の参考資料はこれ、

http://www.mlit.go.jp/common/001213453.pdf

 

問題だったのはOD1000km越えまでスロットルボディの
不具合すら診断できなかったディーラーメカニックの
低感度とスズキOBDツールのしょぼさ。

購入してすぐに試した様々な試走がこの不具合によって
スポイルされてしまった。車自体はただ単に固めたKYB
のカスショックによるドアンダーとステアリングがだるい
以外は楽しい車に仕上がっていますよ。
フィアット500MTに買い替えなければ、これはこれで
多分家族にあげてでも維持すると思う。

OBDに期待する良さは診断器をつなぐ→○○が故障ですね。
部品取り寄せておきます、といった人手を省いた迅速処理。

おまけで駐車時にブレーキランプ不定点灯という謎仕様も
見つかっています。

世界最小4Gタフネススマホが5310人のバッカーから約1.4億円のファウンディングを獲得

iPhoneSEの約3/4という小ささ。
10月に到着するまで楽しみにしています。
unihertz Atom

 

Atomのキックスターターでのキャンペーンのホームページの日本語の翻訳版 – Unihertz Store

Pokémon GO Plusのペアリングしにくさを考える

ペアリング出来るときはすぐにつながるし、できないときは
なにをやってもOSの接続可能デバイスにすら現れない。
それがPokémon GO Plus

以下、android8.0の場合。
私的にベストな状態は、OSの接続可能デバイス一覧に
Pokémon GO Plusが表示された状態であることを確認しておく。

Pokémon GOアプリの使用可能デバイスの画面のまま、
Pokémon GO Plusのボタン長押しで青色点灯状態にすると
使用可能デバイスPokémon GO Plusが現れるのでアイコン
をタップする。
つながるときはこれだけ。あとはプレイ画面のコンパスの下に
Pokémon GO Plusアイコンが表示されるので、タップで
ペアリングのオンオフを切り替えられる。



三菱電機製の後期VHSビデオデッキのコスパが半端なかった

例えばHV-GH200とか。
低価格普及機にしてベータ並みの特殊再生を難なくこなす。

この時点でベータは技術的優位性では無く、単なるロマン・
愛玩の対象になりました。

SANYOの白物家電部門など潰れて当然! 悪夢のような極悪カスタマー電話対応だった

松下製の10万超えのオーブンレンジの調子が悪くなった
ときに、家族から頼まれてSANYOのカタログを見せられ
ていったいどこで買えるのか問い合わせて欲しいと頼まれ
いやいやカタログ最終ページの問い合わせ先へ電話をする。

俺「カタログに掲載された商品が○○近辺のどの店舗で
購入できるか知りたいのですが」

カスタマ担当と思えないヤクザ営業「はあぁ~?」

俺「近所の店舗に実物がないので購入できる店舗を知り
たいのですが…」

カスタマ担当と思えないヤクザ営業「あのねー。季節商品
だからいつでもあるってもんじゃないのよ。」

中国では格安日本ブランドとしてしぶとく名前だけ残って
いるらしいが、カスSANYOだから潰れてざまぁ。
カタログ掲載の電話番号だから誰が応対していたかは特定
できるだろう。顧客対応窓口とは思えないほど横柄で乱暴
な言葉遣い。今なら録音して晒せば炎上するほど腐った
電子レンジ部門。

潰れて当然。新幹線から見えるソーラーアーク
自社の不祥事を忘れないために作られたオブジェとか。
どこまでカスで最低な企業だったのか。

Galaxy S9、S9+の指紋センサーの位置が改悪にしか思えない件

指紋センサーがリアカメラの直下にあるため
リアカメラのレンズに指がかかるでしょう。

S8の方がまだましだった気がしてならない。

image.itmedia.co.jp




Pokémon GO グローバルチャレンジ報酬 7/3-7/10 「封印していた Pokémon GO Plusを使う意味」

TL20台後半でつまらなくなり放置していましたが、
ジムがかなり増えてソロでもレイドバトルに勝てること
を知るとグループならではのバトルも楽しくなりました。

発売当初にポケットモンスターオンラインで入荷
待ちをしてまで定価でゲットしたPokémon GO plus
でしたが捕獲率が低くてすぐ封印していました。
一時多かった捕獲失敗も調整されたようで今こそ活躍の
し時と思い、いざペアリング!

相変わらずペアリングのしにくさに癖があり、スマホ
bluetooth設定でデバイスを見つけておき 、
Pokémon GOアプリでペアリング完了が確実な感じ。

今回のイベントで大活躍する理由は、
1.ペアリングしていればアプリはバックグラウンド
でも歩行距離をカウント。孵化させまくり。
2.ペアリングしていればアプリはバックグラウンド
でも捕獲、フォトディスク回転が可能。

ポケストップに近い屋内で休憩しながら無駄に貯まった
ルアーモジュールやおこうを捨てるようにセットしたら
スマホを見ずに、読書やゲームでもしながら
1.緑か黄色の点滅(ポケモン発見。黄色は初遭遇。)
2.点滅6回以内にボタンを押す。オカルトで5回目がお勧め。
3.点滅が白色3回に変わり、捕獲成功は青赤黄緑点滅、失敗は赤。

カーブボールは投げられないけれど、ノーコンやフェ
イントで捕獲を失敗することに比べれば楽で捕獲率も案外高い。

一週間後の成果に期待しましょう。